クラスター分析

クラスター分析とは

数量的な分析から、類似性の高いものをグループに、低いものを異なるグループに分類する分析手法です。
各個体間の近似性が指標化され、それにより分類が行われるので、各グループの特性が明らかになります。
そこから市場細分化などのマーケティングに役立てることができます。

オリコミサービスでは独自のクラスター分析ツールAREA CLUSTER(エリアクラスター)を保有しています。

AREA CLUSTER

全国18万以上に及ぶ町丁・字を人口・世帯・住居形態・消費推計・年収モデルなど数百の要素を、
ライフスタイルに分類したもの。同じエリアの居住者同士はプロフィールや行動特性が似通う傾向を
活かした分析ツールです。

12のソーシャルグループ別クラスター
12のソーシャルグループ別クラスター表

※上記のクラスターは最新のものとは異なる場合がございます。

最適エリアをターゲティング

ターゲットクラスターの構成比をマッピング。例えば折込広告ならばターゲットクラスターの構成比が高い
エリアからの配布により同じコストで高いレスポンスを可能にします。

ターゲットクラスター構成地図

活用例

会員や商圏内における住民特性分析

新聞折込やポスティングなど、エリアプロモーションの効率化・レスポンス率のアップ

利用者比較による店舗計画分析

ニーズにマッチしたMD戦略の立案。商圏に適した店舗テナントの誘致

既存店舗事例から新規顧客獲得エリア分析

優良顧客を見据えた新規出店地の選定。既存店を参考にしたプロモーションエリアの拡大